サラシボ。

チラシの裏紙サイト

*

【イベント】朝渋@BOOK LAB TOKYOで朝活の有意義さが身に染みる

      2017/08/20

     

「ブログ社会は良くも悪くもムラ社会」

そう思ってます、当ブログ運営主です。笑 こんにちは。

大学時代は、ブログっていうアウトプットに魅了されシコシコ更新していた僕ですが
社会人になってからというもの社会の荒波に飲まれ、ブログの執筆量は落ちていき、ブログは部屋の隅で埃を被っている有様です。。

それに伴いブログ社会とも疎遠になってき、当ブログ「サラシボ」の扱いも

「あ?サラシボ?あったな、そんなクソザコ飲料水wwww」

みたいになっており、ブログ社会でのヒエラルキーも急降下しているわけなのです。泣

もう継続してブログ更新しているブロガーなら赤子の手をひねるように潰せるヒエラルキー

そんな中、ブログ社会でのスーパーエースにイベント誘ってもらえてた大事件があったので
その顛末と該当イベントの紹介です。

スポンサーリンク

著者との距離感が魅力的な「朝渋読書会」

スーパーエースのたっけに「朝渋」に誘ってもらいました

今回、ブログヒエラルキー急降下中を誘ってくれた物好きは

たっけのメモを運営するたっけ(@takeee814)です。

たっけは大学生ながら、ブログ、動画、コミュニティーと多方面で活躍するクリエイターです。
もうあれですよ、ブログヒエラルキーで行くと、上位も上位

よくヒエラルキーの話の出るピラミッドで言うと、北斗の拳の聖帝十字陵でシュウが息絶えたあたりの高さにいます。

最高にわかりづらい例えですが、簡単に言うと頂上ですよ、頂上。ピラミッドヒエラルキーのトップ。
https://twitter.com/takeee814/status/893263256944377856
https://twitter.com/takeee814/status/893038101156700161
https://twitter.com/takeee814/status/893230317800112129

そんなたっけが

たっけのチャット画像です。
イケてるイベントやるから来なよ
運営主さんのチャット画像です。
ヒヒーン、行かせてください〜〜〜

ということで、今話題の「朝渋」に参加してきました!

そもそも「朝渋」ってなんなのか

というわけで、ここまで読んでくださった方はすでに5回も目にしているワード。

「朝渋」

みなさま朝渋ってイベントご存知でしょうか。

朝渋知ってる方は、こちらの記事読んでも豚の餌にもなりませぬので、そっとブラウザを閉じていただけました幸甚でございます。

朝渋初めて知ったよという方は、ここ最近のHOTワードですので、
是非もうちょっとこの記事を読み進めて、覚えて行ってください。

「朝渋」とは、渋谷界隈の人たちの朝活を応援するコミュニティーの名前です!

最近流行りの朝活をイベントやコミュニティーで支援するイケイケコミュニティー。

HARES代表の西村創一朗(@souta6954
TECH::CAMPを運営する株式会社divの井上皓史(@kojijico
が主宰する、渋谷界隈の人のための会員制朝活コミュニティです。

会場は渋谷道玄坂にあるブックカフェ「BOOK LAB TOKYO」。

本と珈琲に囲まれたクリエイティブな空間で、「読書」をフックに、新たな学びとの「出会い」(exploration)と、学びをみんなで「深める」(exploitation)を繰り返すことで、クリエイティブな発想を高めるとともに、イノベーションの種になるような「人と知のつながり」を生み出すことが「朝渋」の目的です。

朝渋

で、朝渋のイベントの1つとして、「読書会」を開催していて、前述のたっけが運営に関わっていたりしたりしていて誘ってくれたので、

今回僕も晴れて朝渋初参加となったわけですね。

SHOWROOM前田さん✖️幻冬舎編集者箕輪さん対談イベント

そして、今回僕が参加させてもらったのが下記イベント。

【朝渋 Vol.33】著者と語る朝渋『人生の勝算』著者・SHOWROOM代表取締役社長・前田裕二さん・幻冬舎編集担当/箕輪厚介さん
https://twitter.com/takeee814/status/881059719728594945
https://twitter.com/takeee814/status/881072657214586880
今、事業の取り組みだったり、持ち前の人柄で各方面で話題を呼んでいるSHOWROOMの前田さんが執筆した「人生の勝算」。

そしてその本を編集された幻冬舎編集者の箕輪さんを2人をゲストに、前述たっけとファシリテーターの朝渋主宰の西村さんの4人での対談イベント。

「人生の勝算」を執筆した時の裏話エピソードだったり、箕輪さんが感じる前田さん像等、本を読んだ後に参加すると本の言いたかった事の理解が深まったりするありがたいイベント。

しかもただ対談を聞いてるだけではなく、イベント視聴者も実際に聞きたかったことを著者の前田さんや編集者の箕輪さんに質問を投げれる参加型なのです。

ただ聞いてるだけだと現地行く意味なかったりするのでこれは本当に嬉しい。
https://twitter.com/MISATUKA_0513/status/888024668925378561


https://twitter.com/MISATUKA_0513/status/888266718354612224


大きな声で言えないですが、読書会なのに僕自身
「人生の勝算」をまだ読了していないので、僕自身の感想は今は控えます。。。

ただ、ツイートにもあるけど面接練習1000時間の下りは素直にびっくりしたし
見習うべき部分だなと。
読み終わって、かける機会があったら改めて書きますわ

ただ、読んでなくても十分刺激をもらえたイベントでした!!!
っていう言い訳にもならない文言入れておきます笑

何が言いたいかっていうと「朝渋」とっても良いイベントです

ここまでご紹介してきた朝渋ですが、読書が好きで朝を有意義に過ごしたいって方にはぴったりのコミュニティーです。

読んだ本の作者に話聞けるって中々ない体験ですし、朝からイベントに参加して出社とか最高に有意義。

朝全然起きられないって方は是非参加してみてはいかがでしょうか。

僕はコミュニティーに参加しても、全然いけない未来が想像できるので、
イベント単位で今後も参加していく所存。

まとめ

朝は眠い。

それは当たり前の現実に泣きそうにながら、朝眠い目をこすりながら仕事をする毎日。

それが、朝渋のような朝活イベントを参加することによって、その日1日が長く感じれれます!!

これ、まじです。

実際僕が上記イベント参加した日、参加した最初は眠くて眠くてしょうがなかったのですが

イベントが終わり、渋谷にある会社に出社してる頃には、目が冴えに冴えてしょうがない。

いつもの数倍シャッキとして、朝の業務に取り掛かれました。

当然業務効率も倍増。

良いことだらけじゃ。

そんなの嘘だろっと思ったら
一度イベント参加してみると良いですよ。(・Д・)

新しい世界が開きます。

おまけのおまけ:B00K LAB TOKYOは本当に最高!!!!!!

今回のイベントは、「BOOK LAB TOKYO」っていうところで開催されているのですが、ここが本当に最高なんですよ。

  • wi-fiある
  • 隠れ家っぽい
  • オシャレ

あれ?最高じゃね?

ここが、最近西村さんが新しくオーナーになられたのですが、下記のようなクラファンが始まりました。


https://twitter.com/CAMPFIREjp/status/892222593666658304

もうこれ最高すぎたので、金額見る前に支援しました。


↑こちら僕になります、、、笑

こちらのクラファンも支援者参加型のコミュニティーなので積極的に参加して、機会があれば記事にできれば、、、!

ではでは

 - イベント , , ,