サラシボ。

チラシの裏紙サイト

*

“ブロガー”って単語が僕たち発信者の目的と手段を見誤らせる

   

     

ブロガーの皆さん、最近ブログは更新していますか?

僕はぼちぼちです。

ブログを始めてちょっと経ってくると、最初は楽しかったブログもマンネリ化し更新が少なくなってきて
「ブログ更新しなきゃ、ネタ考えなきゃ」

って思ったりしてきません?
「ブロガーの神、イケハヤさんとか毎日更新推奨してるし、重い腰を上げてブログ更新せねば。。。」みたいな。

僕もちょっと前まで思っていました。

でも、この考えってつまらなくないですか?

この考え方って、ブログの目的と手段を見誤っていると僕は確信しています。

その原因が”ブロガー”って単語。

僕は”ブロガー”って単語が、僕たちブログ運営者が目的と手段を見誤ってしまう諸悪の根源だと確信しています。

「ブログ更新しなきゃ」
「ネタ考えなきゃ」
みたいなおおよそセンスのかけらもない考え方は、全部”ブロガー”って単語のせいです

今日はそのことについて書き綴っていきます。

あなたは何のためにブログを始めたの?

ブログを運営している人たちには、何かしらブログを始めた理由があると思います。

例えば、僕だったら「アウトプットの練習をしたい」「自分で発信をしてみたい」っていうのがブログを始めたきっかけでした。

僕以外で、ブログを始めた方でも「発信力をつけたい」「お金稼ぎたい」「自分と同じ趣味の人を探したい」みたいな理由でブログを始めたのではないでしょうか。

つまり、僕や僕以外のブログも始めたい人は、自分のやりたい事を叶えるために、ブログを一つの手段として運営を始めているんです。

僕だったら、アウトプットの場所としてブログを運営しているし、発信するツールとしてブログを活用しています。

決して、「ブログを運営するためにブログを運営している」わけではありません。ブログを運営する事は目的ではない。

要するに僕にとって、ブログを運営するのは、自分のやりたい事を叶えるための手段であって目的ではないのです。

ブロガーって言葉に惑わされるな!

でも、最初はやりたい事をするためのツールだったブログが、いつしか”目的”になってくる瞬間が誰しも一度は来ます。

「ああ〜最近ブログ更新してないからしなきゃ」

「書くことないからネタ探そ」

なんて思ったことありません?

ちなみに僕はあります。

めっちゃあります。一時期、ブログを更新しなきゃという思いでいっぱいでした。

これって、手段だったブログが目的になってしまってるから起こる現象だと思うんですよね。

最初は「発信したい」「アウトプットの練習をしたい」と思って始めたブログがいつしか目的になってきている。。

これはなんで起きてしまうのか。

僕は、”ブロガー”って単語のせいでこの現象が起きていると思うのですよ。

好きで始めたブログがいつの間にか一種の義務のようなものになってくる。そう、僕らはブログを更新し続ける”ブロガー”という人種だから。。。。

ブログを更新しなきゃと思えば思うほど、ブログがつまらなくなってくる。

実際、僕はブログを書かなきゃ書かなきゃって思っている時期ほどブログをいじらなくなりました。

義務になってくるとつまらない

僕が何が言いたいかっていうと、目的と手段を見誤ると、どんな事でもつまらなくなってしまうって事です。

例えばブログだったら最初は自分の望むものを得るために始めたのに、いつの間にかブログを運営する事が目的になっていく。

それは一部の声の大きいブロガーの方々が、「ブログは毎日更新する事が大切」って言っている事や、ブログがPVが伸びれば伸びるほど、収益が上がってくる特性があるのが大きいのではないでしょうか。

別にブログが運営する理由が「生活を支えるため」「お金をただ稼ぐため」ならブログを毎日更新する事を義務に感じててもいいと思います。

ただブログをやっている人全員が、ブログを本業にしているわけではないし、大半の人はお小遣い稼げれば儲けもんってぐらいでしょう。

それなら、ブログの大先輩たちの言葉を全部真に受けたり、”ブロガー”って単語に惑わされなくてもいいんじゃないでしょうか。

「自分はブログに何を求めるのか。」

ここを一度整理すれば、ブログの運営が確実にしやすくなります。周りに惑わされず。

僕がそうでした。自分のブログの軸を完全に定めたので、あとはそれを達成するようマイペースにやっていくだけです。
参考:PVでも収益でも無く、僕がブログでやりたい事。それは人と出会う事!

僕らがブログを運営するブロガーだとしても、ブログを毎日運営する必要は全く無いです。

そんなことでブログが更新するのが嫌になっては本末転倒。

人の性格、ブログに求めるものは人それぞれ違うのだから、周りを気にする必要は無いです。

発信したいように発信しちゃえ。

ブログをただ書き続けても有名にはなれない

この関連でもう一つテーマにしたいのが、「ブログを運営しているだけでは有名になれないってこと」

ブログを始めてから、いろんなブログ運営者の方と交流させて頂いてきました。

その中でも、絶対一定数の方が「ブログを運営することで有名になっていきたい」って考えているんです。

いや、それは無理だろと。

そのような考えを全部否定するわけではないです。

私の交流させて頂いたブログ運営者の方たちにもブログによって有名になっている方何人もいらっしゃいましたし。

ただ僕が知っている限り、ブログを通じて有名になった方達って、別にブログを運営してたから有名になったわけではなく、その人たちが面白い取り組みをしていて、それをブログで発信したことによって、有名になったと思うんです。

「ある人が面白い取り組みをしていて、それをブログで発信していることにより有名になる。」

「ある人がブログを運営していくことで有名になる。」

似ているようで、天と地の差。前者の方は応援したくなるけど、後者は無謀としか思えない。

「ブログを運営することで有名になりたい。」
なんて、ブログの手段と目的を見誤っている典型的な例だなと僕は思います。

最後に

物事の目的と手段をちゃんと考える。

これって、ブログに限らず大切なことだと思います。

この「ブログは目的と手段を考えるのが大切」って話は、プロ大学生ブロガーのじんぺー(@yagijimpei )に取材した時出た話です。

やっぱ、無理しながらブログを運営するより、楽しみながらやった方がいいよねって話。

僕もこのテーマについて思うところが大きかったから、ブロガーって単語に絡めながらインタビュー記事を完成させる前に執筆しました。

自分自身物事の目的と手段を見誤ることが多いから、大切にしていきたいなと。

そして、このブログの当面の目玉にしていきたいインタビュー記事、上記の通りじんぺーに取材してきました。


40分程の録音書き起こしは終わっているのですが、どうすれば”PV32万プロ大学生ブロガー八木仁平”という最高の素材(記事ネタ)を、どう美味しく調理(記事)にしていくか思案中です。

そろそろアウトプットでしかない僕のブログ記事を、皆さんにとっての面白いコンテンツに昇華できるか試行錯誤していきます。

最後の最後に

まぁなんだかんだ言って、ブログを更新し続けるのは大切なことには変わり無いんですけどねwwwww。

毎日更新を推奨してくださる方々は、それで成功したから推奨してくださっているわけだし。

要はバランスですよ。自分の負担にならない程度に頑張ればいい。

お互いマイペースにブログ更新頑張りましょ:)

 - メディア論 , ,