サラシボ。

チラシの裏紙サイト

*

仕事を丁寧にできない人材なんて社会には必要ないよね。

      2016/09/24

     

仕事で心がけるべきこと

「仕事遅いし、できない事多いんだからせめて、仕事は丁寧にやろうって気持ちはないの?

これは、僕が最近インターンで怒られた時に言われたことです。

今日は、これをテーマに書き綴っていきます。

やっぱり新卒なので出来ないことが存在する

今回怒られたのは、簡単にいっちゃうと、僕のちょいミスが原因でした。

僕は、インターンで記事執筆やプログラミング業務をやらさせて頂いているのですが、

  • 記事の誤字脱字
  • 情報源のリサーチ不足
  • ソースのインデントがずれている
  • 報・連・相が下手

等で、会社の方々に迷惑ばっかりかけていました。
加えて、プログラミングは初心者だから調べてる分業務が遅くなるし、学校やバイトがあるから記事もたくさん量産できているわけではない。

「仕事遅い上にミスが多い」っていう典型的なダメな例だったんですね。僕。
それで怒られてしまったわけです。怒って頂けるだけ、ありがたいレベル。

まあ、僕のダメなところはちょっとずつ直していくとして・・・

これって、けっこう仕事始めるばかりの新卒とかも同じ事が起こりうるんじゃないかって思うんです。
(僕の例はちょっと極端デスケド)

例えば新卒として会社に入っても、いきなり仕事が全部できるわけではありません。

就活でちょっと業界のこと齧った程度じゃ、全然仕事わからないし、ましてや学生時代遊んでただけなんだから、急に社会人として働けって言われてもそれは無理です。

自分のチャット画像です。
僕達,THEゆとり世代

もちろん僕達新卒を雇ってくれる会社側も、そんなことは百も承知で僕達を採用してくれます。

「新卒は仕事何も知らない」
という前提のもと雇うから、仕事わからなくても先輩たちが教えてくれます。

新卒を雇うのは”未来への投資”らしいですからね。

ただ、

  • 新卒は仕事全然わからない
  • 仕事も慣れてないから遅い

という現状の時に、

僕達新卒は、どんな心構えで働くべきなのか?って話。

”プロ”である以上仕事をしっかりこなすべき

そうなってきた時に、冒頭の”仕事を丁寧にする”って事が大切になってくるわけです。

仕事も全然わからないし、業務も遅い。

でも、仕事を丁寧にしてミスを減らす事はできるよねって。

どんなに業務がわからなくても作業が終わった後に確認を怠らなければ凡ミスは減るし、相手に伝わりやすいように連絡内容を丁寧に練れば、拙くても相手にしっかり伝わります。

いくら新卒でも、心構えとして”丁寧に仕事をする”は絶対に欠かせない
と、最近肝に銘じています。

お金をもらって働く以上、僕達は”プロフェッショナル”なので給料という対価に見合う仕事をしないといけないと思うんです。

仕事がわからなくても、せめて心構えだけでも”プロ”でいれなければ、会社って組織に僕はいらないのでしょう。

最後に

「仕事を丁寧にする」って言うのは言い換えれば、「相手の事を考える」だと、最近身に染みてわかるようになりました。

自分が丁寧に仕事をするば、その分相手の負担が減るわけですからね。

丁寧に仕事するっていうのも、いつもの業務にほんのちょっと確認や見直しをするだけで全然違います。

おおざっぱな僕には足らない部分でもあるので、そこを直していきます。このブログひとつとっても、誤字脱字を減らしていくだけで”丁寧”な仕事ですからね。

そういった小さな事を一つ一つ重ねていって、仕事上で”信頼”できる人材になっていきたいです。
yosuke

 - 働き方 ,