サラシボ。

運営主の趣味と偏見100%のサブカルメディア

*

【感想】デジモンアドベンチャーtri第2章「決意」選ばれし子どもたちの苦悩。

      2016/10/03

     

どもども、好きなデジモンはズバリ「ゴマモン」。櫻井です。

第1章「再会」が大好評を博した「デジモンアドベンチャーtri」。その第2章「決意」が3月12日に公開されました。

ひょんなことから公開日に第2章を観に行ったので、そのレビューをしていきます。

ゴマモンかっこよかったぁぁぁぁぁ

第1章「再会」の感想はコチラ
【ネタバレ・感想】デジモンアドベンチャーtri第1章面白すぎた!

第3章「告白」の感想はコチラ
【感想・ネタバレ】デジモンアドベンチャーtri第3章「告白」テントモン先輩大活躍
※ネタバレあります

デジモンアドベンチャーtri第2章あらすじ

アルファモンが出現してから時は流れ、お台場の街は少しずつ復興が進んでいた。

「日本に帰ったら、絶対大きいお風呂に入ろうって決めてたんだ!」
ミミの一声もあり、新たに仲間に加わった望月芽心とメイクーモンを歓迎するために
選ばれし子どもたちは近所の温泉テーマパークへ。
楽しいひと時を過ごす一同だったが、そこに丈の姿はなかった。

大学受験という目の前にある現実と、
「選ばれし子ども」であるという責任の間で煩悶する丈。
「なんでまた、僕達がやらなきゃならないんだ?」
そんな折、またしてもお台場に感染デジモンが現れる。
それはあの誇り高きウィルス種、オーガモン―

暴走するその姿をTV局のヘリコプターが中継する中、
立ち上がるミミとパルモン。
「いいデジモンもいるってことを、はっきり分からせてあげる!」
しかし、光子郎の制止を無視したミミとパルモンの戦いは、予想外の結果を招くのだった―

それぞれに悩みを抱える丈とミミ。
月島総合高校の文化祭当日、
そんな二人の前に、あの男が現れる―

:デジモンアドベンチャーtri.
公式サイトからの引用ですよっと。

第1章同様、第2章は上映が始まって最初の方はふわふわ物語が進んでいきます。

選ばれし子どもたちが集まり、新しい選ばれし子ども芽心を歓迎するために大江○温泉へ!!
※サービスシーンはありません

楽しく過ごす子どもたちだが、そこに丈の姿はなかった。。。。

また第1章のいざこざから、太一とヤマトも、どことなくギクシャクしている様子。

でも、それを含めやっぱりほんわかストーリー〜〜〜
メイクーモンが、他のパートナーデジモンのことを「センパイ」って呼ぶのはキュンってしますわ。

その他にも文化祭の準備をするために、ミミと芽心が距離を縮めて行ったり。
いいですね〜〜〜〜

しかし、全体的にほんわか進んでいく物語も、感染した「オーガモン」が現実世界へ来ることで一変する。。

オーガモンを止めるために、ミミとパルモンが応戦するのだが、近くに中継しに来たヘリをトゲモンの攻撃で落としてしまう。

これにより、ますますデジモンへの風当たりが強くなる。。
思わず、幸四郎は「自己中心的」だとミミのことを責めてしまう。

そして、オーガモンが責めてきても現れない丈に対し、ヤマトは不信感を募らせる。
丈は丈で、「大人になるための選択」と思いながらも自分は「卑怯」なのではないかと苦悩する。

第2章「決意」では、丈とミミにスポットが当てられながら進んでいきます。

考察・感想

※ここからネタバレしかしません。

子ども達の成長

第1章「再会」を観終わった後、僕はアニメ版のデジモン無印・02を一から観直しました。

10年ぶりに観ても相変わらず面白かったですが、アニメ版と今の劇場版で決定的に違うものがあるんですよ。

それは「子どもとデジモンの会話」。

アニメ版では、子どもとデジモン達の精神年齢はそこまで変わりません。なんならデジモンたちの方がしっかりしていて、選ばれし子どもたちが迷い苦しんでいる時も、デジモンがアドバイスするシーンが多かったです。

でも劇場版では、子どもたちは立派に成長し、精神年齢も上がっています。対し、デジモンたちは良い意味でも悪い意味でも変わっていません。

デジモンたちが子どもたちと遊ぼうとしても、子どもたちはあやす立場だったり注意する立場だったり。

丈も昔のように闘いたいというゴマモンを無情にも突き放してしまう。

もう昔とは違う。なぜなら僕たちは成長してしまったから。

重要な登場人物、姫川は言います。
「いつまでも子どものままではいられない。そう思ったのよ。いろいろ考えて考えても答えが見つからなくて、必死だったのよ。高校生の頃にね。」

このデジモンアドベンチャーtriのテーマは「子どもたちの成長とそれに対する変化」。

あと、4回上映が残っています。

それぞれの上映で、もっと子どもたちの変化とそれに対する苦悩。そしてそれをどう乗り越えていくのか。

それが描かれていくのでしょう。

苦悩に乗り越えることによる進化

子どもたちが成長したことによる抱いてしまった「苦悩」

ミミは、「自己中心的」であるのかと悩み

丈は「卑怯」なのかと悩む。

それを乗り越えることにより、究極体にパートナーデジモンに進化します。

まさに、映画最大の見せ場!!

ですが、僕は一つ言いたい。

「なんか、あっけなく究極体になったんですけど!?」

映画の尺の問題もあるのかもしれないけど、なんか気づいたら究極体になってた(笑)

アニメの時はあんな丁寧に登場人物たちの成長を描いていたのに、劇場版はヒョヒョイと究極体へ。

なんだかなぁ

これが大人の都合か。。。

でも、すごい盛り上がるシーンではあった。
僕自身はミーハーなのでそこまで感慨はなかったけど、デジモン好きな人からすると

「うおおおおおヴァイクモンだァァァァァァァァァ」

ってなるのかもしれん。

このノリだと、選ばれし子どもだちのパートナーデジモン全員究極体になるのかな?

今後の展開

さて、第2章が終わり、今後の展開が気になるところですよね。

まず、デジモンカイザー。

予告PVにでてた通り、デジモンカイザーもとい一乗寺賢が第2章「決意」に登場します。

なんで、賢はまたデジモンカイザーになってしまったのか。

これが今後の展開に深く関わってきそうです。

他の選ばれし子どもたちのリアクションを見る限り、別に賢のことを忘れていたわけではなさそうです。

あまりにも02の登場人物に触れられないので、この劇場版は「パラレルワールド」扱いなのか、記憶操作されているのかなんて考えていましたが、そういうわけではなさそうです。

「なんで一乗寺くんが?」

「なんでインペリアルドラモンが?」

良かったです。今後02のキャラもちゃんと出てきそうです!!

第1章レビュー記事にも書いた通り、僕、無印より02派なので、早く出てきてほしい限りですわ。

さらに、ここで本記事最大のネタバレをします。

第2章「決意」の最後で、メークイモン、レオモンのこと刺しますからね???????

なんか暗黒進化っぽい感じになり、禍々しい姿に進化してメークイモンは空間の歪みに消えていき、第2章「決意」は幕を閉じます。

 

もう、なにこれ!!??

公開初日で、満員御礼の映画館の観客全員に?マークが出るのが僕わかりましたよwwwwwwww

みんなびっくりしすぎてて、スタッフロールで立ち上がる人はいませんでした。

スタッフロールで誰一人微動だにしなかった映画を僕はまだ知らない。

え、なんで?メークイモンがレオモン刺した?なんで?

なんと、空間の歪みも感染デジモンもメークイモンが関わっているらしい。

なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?なんで?

この状態で、2016年夏公開の第3章「告白」までお預けってマジ?

と、伏線残しまくったまま、第2章「決意」は終わりました。

早く第3章が観たい!!!!

最後に

今回も面白かった、デジモンアドベンチャーtri。

正直、人並み程度にしか好きではない「デジモン」ですが、きっと僕は最後まで、劇場版でデジモンを観ることでしょう。

個人的には、チアガール姿のミミを見にわざわざスーツを着て、実物を見たら顔真っ赤にしてしまう可愛い光子郎の恋愛も成就してほしいものです(笑)

では、今回の映画最大の名シーンでお別れです。

「…待たせたね」

「待ってたぜぇ、、、」

「ゴマモン!」

「うん、、、!」

「行け、ゴマモン!!!!」

 

「行け、ゴマモーーーーーーーーン」

おまけ

デジモン別に公開日に観ようとは思っていなかったんですよ(笑)

ただ3月11日、深夜に

「明日予定あるワーーーー。そういえば明日からデジモン公開じゃん」

と、某映画サイト見てみたら、この有様です
KINEZO 2
某映画サイト

デジモンすげえ。

で、唯一いけそうな時間をクリックしてみたら
KINEZO
1席しか空いてない?????????

。。。。早起きして劇場に足を運びました。(笑)

おまけでこれもらいました。
IMG_8942

 - 映画 , ,