サラシボ。

運営主の趣味と偏見100%のサブカルメディア

*

相席屋に大学生ブロガー3人でいったら超楽しかった話

      2017/01/29

     aisekiyaikyatti

夏の猛暑がおさまってきた9月のある日、都内某所でクソみたいなLINEグループが立ち上がった。。。
20150924_101645000_iOS
23日相席居酒屋でワンチャン(笑)
なんて不毛なグループ名。。

きっかけはある学生ブロガーによるこのツイート。

このツイートにより二人の学生ブロガーが集まった。

自分のチャット画像です。
のった。
誰かのチャット画像です。
おれも。

こうして、ぼくたちの愚かな挑戦が始まったのであった。。。

ってことで、相席屋潜入レポートです!(・ω・)ノ
今、巷で話題の相席屋へ行ってきました。
ぼくたちが悩み苦しみ、そして挑んだ一部始終のまとめです!

相席屋で起死回生狙ってきたわ

自己紹介

まずは、今回の企画に挑戦する3人の大学生ブロガーの紹介です。一部脚色あり。

a littleのけいた

keitaaikon
今回の企画の言いだしっぺ。a littleという雑記ブログや勉強ブログを運営するけいた(@namakemono0309)。ブログで1か月20万稼いだことのある猛者。

爽やかなfaceで女の子のハートを射抜く。
好きな本は「恋愛工学」
口説き文句は「俺と一緒に愛の方程式を解こうぜ?」

やぎろぐのじんぺー

jinnpei
学生ブロガー界のエース。やぎろぐというブログを運営するじんぺー(@yagijimpei)。1か月のPV70万以上の化け物。

ちなみに一週間前に彼女できた。
なぜ、この企画に参加した。

好きな本は「LOVE理論」
口説き文句は「俺と一緒に愛のプログラミングをしよう?」

サラシボ。のよーすけ

yosuke
当ブログ主であります。月間PV3万以下、収入3000円。。。

好きなもの「女の子」
苦手なこと「女の子と話すこと」
世の中の数ある矛盾の中で最大の矛盾を自分に抱える男、それが僕。

この3人で相席屋に挑んできました!!

PM5:00 作戦会議

ぼくたちは、相席屋に行く前に綿密な作戦会議を行いました。

ぼくたち、大学生ブロガーが恐れていること。
女の子と連絡先を交換できないこと。否。
彼女ができないこと。否。

相席屋にいっても、まったくネタができないことである!!!!
いっぱしのブロガーなもんで。てへ。

相席屋にいっても女の子ずっと黙ってたなんて事態がおきないように以下のルールを作りました。

  • お金がないから、30分or1時間でケリをつける。
  • 女の子がノリ悪かったら、そっこーで席を変える。
  • 30分理論を活用する
  • ブロガーは決して名乗らない
  • 自己紹介は盛り上がらなし、時間の無駄だからやらない
  • ぼくたちの関係は「就活で仲良くなった」
  • とりあえず連絡先の交換はマスト

・・・他にも多数のルールが作られました。
相手が年上だった時とか、相手がギャルだった時の対処法とかね(笑)

また作戦を成功させるために以下の役割分担をしました。

じんぺー→突撃ががり

じんぺーは、最初ぎこちないであろう会話を崩す係。率先して会話を盛り上げていきます。
いくつもの会話パターンで相手を翻弄します。

けいた→タイムキーパー

ぼくたちの対戦相手は「女の子」だけではありません。
もう一つの敵、それは「時間」。

相席屋は30分飲み放題1500円(男)、時間を過ぎたら勝手に延長という鬼畜システム。

女の子と楽しく話していたら、大金を払うハメになったらシャレになりません。

そこでけいたが”常に”時間に気を配り、頃合いになったら僕とじんぺーに合図をしてくれます。
いわば、要の係。

ちなみに今回の企画のリーダーもけいたなので、女の子をチェンジするか否かの判断もけいたが下します。

よーすけ→クロージング

営業の人は契約をとるためにお客さんに話をします。

ぼくたち大学生ブロガーは、女の子から連絡先をもらうために話をします。

いくら話が盛り上がっても、連絡先をもらえなきゃ意味がないわけです。
そこで、ぼくが終了間際に連絡先を交換する係となりました。

けいたが時間に気を配って頃合いになったら僕に知らせてくれるので、
「せっかくだし、連絡先交換しない?」
って言い出すだけの簡単なお仕事。

ルールと役割分担が終わったので
いざ、相席屋!!!(・ω・)ノ

第1回戦

ぼくたちが最初に向かったのは、相席屋 池袋西口店。池袋を選んだのは、全員知り合いに会わなさそうだったから(笑)

お店に行ってみると、女の子が余っている状態ですぐに席に案内してもらいました。

女の子、余ってる状態ってどういう事だよ。

相手女の子プロフィール

Aさん
歳20代後半
おとなしめ

Bさん
歳20代中盤
おとなしめ
ちょっとぽっちゃり

結果

一言でいうと、まったく盛り上がりませんでした。

大切なことなので、もう一度言います。

まったく盛り上がりませんでした。

こっちの力量不足っていうのもあるんですけど、あっちもおとなしい感じだったからなあ~~~
歳の差も7歳以上離れてて、なかなか、、

しかも僕らも初回で緊張していたので、
「連絡先、交換しません?」
って言ったとき男全員、即座に携帯を出してすごいがっついている感じに(笑)

1回戦は、一応連絡先を交換して、30分で僕らは退散しました。。
個人的には、第1回戦は敗北したと思っている。。

反省点

第1回戦という事もあり、様々な反省点が上がって木きました。
具体的には、以下の点。

  • 会話が盛り上がらなかった。
  • 連絡先交換する時、がっつきすぎ。
  • 男女の人数が均等じゃないと難しい。

以上の反省点を踏まえ、第2回戦に臨みます。

第2回戦

せっかくなので場所を変えようという事で、次は相席屋 池袋東口店に向かいました。
1回戦の反省を踏まえ、

  • 乾杯する時にハイパーテンションで相手のテンションを上げる
  • 連絡先を交換する時は、誰かが代表になって
  • お願いだから次の女の子は”3人”で

転んでもただでは起きない大学生ブロガーの僕ら。相手のテンションを盛り上げ、スマートに連絡先を聞き出す構え。

ただ、相手の人数はこちらもどうしようもない。。。お願い次は3人で。

相手女の子のプロフィール

Cちゃん
20代中盤
不思議ちゃん
スタイルが良い

Dちゃん
20代中盤
ちょっと暗い
ちょっとぽっちゃり

Eちゃん
20代中盤
しっかりしている
きれい系

結果

図らずも、相手の人数が3人という幸運。
相席屋に3人でいくっていう物好きが俺らのほかにも、いたんだ!!!!!

そして第1回戦とは打って変わって、めっちゃ楽しかったです
話弾むし、盛り上がるし。
乾杯作戦が功を制したのか。それとも歳が近かったからか。はたまた、相性が良かったのか。

理由がわからないけど、とにかく盛り上がった第2回戦。
これです、、、
ぼくたちが求めていた相席屋はこれなんです...!!
なにこれ。すごい楽しい。

相席屋来てよかった。。。

しかし!!

楽しいだけでは、終わらないのが相席屋
思いもしないトラップがあったんです。

ポテトの罠

そろそろ30分が経過し、けいたがぼくに
『30分たつから連絡先聞き出せ』
と、合図してきて

僕が聞き出そうとしたその瞬間、鳴り響く店員さんの声
「ポテトお持ちしました~~~」

ポテト頼んだの誰じゃいーーーー!!!!!!!!

狙い澄ましたようなこのタイミング。
とてもじゃないけど、連絡先聞き出して帰る空気じゃない。。。。

結局ぼくらは1時間そこにいました。(笑)

でも、無事連絡先聞き出して満足の僕ら

なんなら2次会に行きたかった僕は
「2次会いきません?」
と切り出したら

けいたが
「まあ、またそれは今後の機会に」
とつぶされました(笑)

くそう。
と、まあぼくたちの相席屋挑戦レポートは以上となります。

反省会

ぶっちゃけこれが一番楽しかった。

鳥貴族で各々の反省点を語り合いました。

相席屋マスターの道のりは険しく果てしない。

けいたとじんぺーがCさんに同じようなLINEしてあしらわれたり、
僕が、EさんにLINEであしらわれたり。

めっちゃ笑った。

最後に

今回この企画に混ぜてくれた、けいた、じんぺーありがとう

女の子との距離は縮まなかったけど、君たちとはこの企画でだいぶ仲良くなれたと思います。
また遊ぼ

この二人だけど最近学生向けのオンラインサロン始めたみたいなので、興味がある人は覗いてみてね。
「学生でブログやりたい人」
「学生で相席屋が興味にある人」
にはめっちゃいいと思うよ!

ここまで読んでくださった読者の方、僕らの使った方法を参考にしてください。(・ω・)ノ
そして僕らの屍を超えて、相席屋楽しんでくださいね!!

最後の最後に

この企画、なんだかんだお金めっちゃかかったんだから
1回ぐらいEさんと飲みいきたい。。。。
yosuke

けいたの相席屋記事はこちら
じんぺーの相席屋記事はこちら

 - 企画 , ,